So-net無料ブログ作成
おでかけ&ドライブ ブログトップ

東海道新幹線のぞみ号:東京~新大阪 [おでかけ&ドライブ]

2月6日(日)[晴れ][曇り]

先週半ばから寒気も緩み、大阪では日中は3月並の暖かさ。そのおかげか、[足]しもやけの辛い症状もずいぶんと緩和されつつある。

さて、まだ厳しい寒さの続く1月下旬のある日、日帰りで東京へ出張。早朝の[新幹線]新幹線は、京都と名古屋を経て、いつもほぼ満席になる。

のぞみ号1.jpg

そして、この日、京都を出て、近畿の豪雪地帯のひとつ、米原付近に近付くにつれ、車窓からの景色が次第に[雪]白く変化し始める。

のぞみ号2.jpg

そして岐阜に入ると[雪]この状態[右斜め下]

のぞみ号3.jpg

やがて名古屋に到着する頃には、何事もなかったかのように、車窓からは晴天が…。[雪]雪で新幹線の運行に遅延が生じる可能性を計算に入れて、予定よりも2時間ほど早い列車に乗ったが、心配したアクシデントもなく、定刻通り、東京駅着。

☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆

仕事先で打ち合わせを済ませ、夕刻の新幹線で岐路に着く。今回、JRのカードのポイント分でグリーン車に乗車[手(チョキ)]

のぞみ号グリーン車1.jpg

普通車と違って、座席幅も広く、乗客数も格段に少ない。照明の色合いも落ち着いていて、目にも優しく、それが高級感を醸し出す。

のぞみ号グリーン車2.jpg

東京駅を出ると、まずおしぼりのサービスがある。イヤホンを購入すれば、音楽が聴けるようになっている他、座席のアームレストには、読書灯と足元用の暖房のスイッチがある。飛行機とほぼ同じサービスが提供されているあたりに、JRさんの航空会社への対抗意識を垣間見た感じ。

のぞみ号グリーン車3.jpg

グリーン車でうれしいのは、フットレストがあること。高さを調節できるようになっていて、リクライニングを倒せば、心地よい姿勢で休むことができる。

のぞみ号グリーン車4.jpg

新大阪まで2時間半。快適な新幹線の旅を楽しめた[わーい(嬉しい顔)]

さて、しばらくはまたポイントが貯まるまで、普通車で我慢[ふらふら]


nice!(11)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

銀水荘別館兆楽@有馬温泉 [おでかけ&ドライブ]

12月23日(木)[晴れ]

冬至の昨日、有馬温泉で湯治。あ~、さぶっ[バッド(下向き矢印)]

午前9時前に自宅を[車(セダン)]出発し、[いい気分(温泉)]有馬温泉に到着したのが10時。関西の奥座敷と呼ばれるだけあって、アクセスは便利。

有馬温泉.jpg


まずは、共同浴場の金の湯へ。鉄分を含んだ強食塩泉のお湯に浸かる。大人650円。この建物の横には、無料で利用できる足湯がある。

有馬温泉金の湯1.jpg

有馬温泉は、草津、道後と並ぶ古来の名湯。このお湯に浸かった有名人として、古代は孝徳天皇から比較的最近ではモナコ王妃まで、その名が記されている。最後に「現代:あなた」とあるのが、関西ならではのオチ。

有馬温泉金の湯2.jpg

さて、この日の有馬での最大の目的は、温泉日帰りプラン。1995年1月17日、阪神・淡路大震災で大きな被害を受けた有馬温泉では、観光客が大幅に減少した。客足を取り戻そうと、1件の老舗旅館が他の反対を押し切って、日帰りプランを開始。以後、徐々に客足が戻り始め、日帰りプランも定着する。

お宿は、銀水荘別館兆楽。11:30~14:30まで客室が利用でき、お食事(ランチ)と温泉の入浴で11500円(平日)。

兆楽4.jpg

露天風呂、檪の湯。この他に大浴場がある。

兆楽1.jpg

鉄分を含んだ強食塩泉の金泉。共同浴場と同じ泉質。

兆楽2.jpg

こちらはラドンの含有量が豊富な銀泉。このお宿では2種類の自家源泉が楽しめる。このラドン泉を使った蒸し風呂もあり、蒸気を吸入することで、疲労回復や若返りに効果があるとのこと。できることなら、5年くらい入っていたいもの。

兆楽3.jpg

お湯に浸かった後、お部屋で懐石料理をいただく。この中でも珍しかったのが、まる吸い。すなわち、すっぽんの入ったお吸い物。身の方はほとんど味はないが、お出汁の味が絶品。コラーゲンもたっぷりで嬉しい一品。

兆楽5.jpg

ひとつひとつのお皿の量は少なめだったれど、全体的にはちょうどいい量で、最後にはもうお腹いっぱい[わーい(嬉しい顔)]

兆楽6.jpg

温泉と美味しいお食事を楽しんで、リフレッシュしたのもつかの間、年内に済ませないといけない仕事に大掃除が待っている。


nice!(13)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

六甲~有馬日帰りの旅(3) [おでかけ&ドライブ]

9月20日(日)[晴れ]

昨日からシルバー・ウィークが始まり、高速道路ではゴールデン・ウィークを凌ぐほどの渋滞になっているとか…。みなさん、いろいろ行楽を楽しんでいらっしゃる。

いいなぁ。私なんて、連休中は自宅にずーっと引きこもって仕事。先月の日帰り小旅行を振り返って、旅行気分にでも浸るのが関の山。

さて、六甲・弓削牧場を後にして、[バス]パスを乗り継ぎ、再び[電車]北神急行線の谷上駅へ。そこから[いい気分(温泉)]有馬温泉までは、電車で20分ほど。

825有馬温泉1.jpg

関西の奥座敷、有馬温泉は、草津道後と並ぶ、日本古来の[いい気分(温泉)]名湯。鉄分を含んだ茶色いお湯は金泉、無色透明のお湯は「銀泉」と呼ばれる。

今回は、奥の坊さんで、日帰り入浴をすることに。タオルと歯ブラシがついて、入浴料1000円、バスタオルは100円で借りられる。湯船の写真がないのは…、残念ながら、というべきか、それとも幸いなことに、というべきか…。

825有馬温泉2.jpg

お湯に浸かって、サッパリしたところで、有馬温泉名物有馬サイダー一気飲み。しかし、この後、しばらく、苦しむことに…。いくら炭酸好きでも、正直、これはきつかった[ふらふら]

825有馬温泉3.jpg

炭酸もお腹から抜けて(?)、落ち着いた後、有馬温泉のレトロな街並みをしばし散策。これまた有馬温泉名物「炭酸せんべい」を買ったり、「酒蒸しまんじゅう」をいただいたり…。

825有馬温泉4.jpg

有馬温泉~大阪・梅田の間は、[バス]直通バスが1日に17往復ほど運航されている。

帰りはこのバスに乗って、うとうとと居眠りしながらの60分。梅田についたのは、18時。バスに揺られたせいか、ちょっとお腹もすいてきた。

タグ:有馬温泉
nice!(8)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

六甲~有馬日帰りの旅(2) [おでかけ&ドライブ]

9月17日(木)[晴れ][曇り]

六甲・弓削牧場の中にあるレストラン「チーズハウス・ヤルゴイ」でランチを食べた後、牧場内を散策。ここは観光牧場ではなく、個人経営の牧場なので、規模は小さいけれど、その分素朴で落ち着ける。

825弓削牧場4.jpg

牧場内には、当然のことながら、牛舎もあって、その横には[かわいい]かわいい子牛さんたちの姿が。

825弓削牧場3.jpg

木陰にある小屋にいるのは、羊さんヤギさん、それぞれ一匹ずつ。ヤギさんの「喜び」の表現は、犬と同じらしく、私たちが近寄っていくと、尻尾をふりふり[揺れるハート]して、アピール。

825弓削牧場ヤギ.jpg

この他にも、畑やバーブ園、ビニールハウスなどがあって、[レストラン]レストランで供されるお野菜のほとんども自家製。

お土産に園内で獲れたブルーベリーを購入。3時間ほど滞在して、牧場を後にすることに…。


タグ:弓削牧場
nice!(8)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

六甲~有馬日帰りの旅(1) [おでかけ&ドライブ]

9月13日(日)[晴れ]

8月末のある日のこと、神戸へ日帰りの旅に出かけた。

大阪駅からJR[電車]で三宮まで行き、そこから北神急行と[バス]バスを乗り継いで、向かった先は、六甲山の麓にある 六甲・弓削牧場

825弓削牧場1.jpg

バス停から15分ほど歩くと、閑静な住宅街のその先に、個人経営の牧場があって、まずはここのレストランチーズハウス・ヤルゴイで、チーズ料理のランチをいただくのがお目当て。

825弓削牧場2.jpg

[レストラン]牧場で収穫されたハーブとチーズのサラダ。チーズはとってもあっさりしていて、これがお醤油ベースのドレッシングとほどよく合うのには、正直、驚いた。

825弓削牧場ランチ1.jpg

[レストラン]ホエー(牛乳からチーズを作るときにでるしぼり汁)のシチューは、少し酸味がきいているせいか、こちらもしつこさはなく、食べやすい。

825弓削牧場ランチ2.jpg

[レストラン]メインは鶏のハーブ焼きコールド・ビーフのチョイス。これにハーブのパンかもち麦ライスがついていて、2730円のセット・メニューになっている。

825弓削牧場ランチ3.jpg
825弓削牧場ランチ4.jpg

[レストラン]デザートには、チーズのフロマージュチーズ・ケーキを。

825弓削牧場ランチ5.jpg

[晴れ]お天気に恵まれたこの日、レストランからの景色もごちそうだった。

825弓削牧場ランチ6.jpg



こんだ薬師温泉 [おでかけ&ドライブ]

8月20日(木)[晴れ]

三田のアウトレットでお買い物をした後、兵庫・丹波篠山の近くにあるこんだ薬師温泉へ。

こんだ薬師温泉.jpg

いつもわが家で「日帰り温泉に行くか[exclamation]」となったら、いつもたいていはここ。

[いい気分(温泉)]温泉好きの私だけれど、ここ2年ほど行けず、久しぶりの温泉。

[いい気分(温泉)]30度の源泉はかけ流しで、夏のこの時期には、さながら「プール代わり」となり、気持ちいい[揺れるハート]

[いい気分(温泉)]源泉の浴槽以外は、40度程度に加熱してあって、一部循環式だけれど、露天風呂は大きくて、ボーっと浸かっているだけでも心地いい[揺れるハート]

[足]お湯に浸かった後は、足裏マッサージをしてもらうのが、私の定番。

そのあと、同じ施設内にある「旬菜千味さぎ草」でちょっと早めのお夕食。

こんだ薬師温泉さぎ草4.jpg

囲炉裏料理もあって、「但馬牛」に惹かれかけたけれど、ランチにお肉をいただいたので、「松花堂」をいただくことに。


[レストラン]まずは先付け三種(はものゼリー寄せ、いちぢく、じゅんさい)こんだ薬師温泉さぎ草1.jpg

[レストラン]お刺身、焼き魚、てんぷら、煮物、炊き込みご飯に赤だし。てんぷらは揚げたてがうれしい。
こんだ薬師温泉さぎ草2.jpg

[喫茶店]デザートには丹波の黒豆のシフォンケーキ
こんだ薬師温泉さぎ草3.jpg

いいお湯と美味しいお食事に、ご機嫌[わーい(嬉しい顔)]


nice!(7)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

三田プレミアム・アウトレット [おでかけ&ドライブ]

8月17日(月)[晴れ]

お盆休みに高速道路が1000円になるというので、渋滞覚悟で行ったのが、三田プレミアム・アウトレット。久しぶりのお買い物で、到着してすぐテンションは上がり気味に[グッド(上向き矢印)]

三田アウトレット1.jpg

パンツ、カットソー、ポロシャツ、スウェット、サンダル、部屋着、下着、台所用品等々計12点ほど買って、たくさんの両手の紙袋にテンションも最高潮に[グッド(上向き矢印)]

それでも、バーゲン中だったこともあって、お買い上げ金額は50000円ほど。

[レストラン]ランチは、フード・コートで、「三田屋やすらぎの郷」のステーキとハンバーグをチョイス。

三田アウトレット2.jpg

このお肉、ちょぃと固め。前に三田屋さんのステーキを食べた時には「おいしい」と思ったものだけれど、最近はちょっとね…。私もハンバーグにすればよかった[もうやだ~(悲しい顔)]

でも、かなりお安く物欲を満たすことができたのは、大満足[わーい(嬉しい顔)]


nice!(10)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

淡路島ドライブ3:厚浜海岸~明石海峡大橋 [おでかけ&ドライブ]

5月17日(日)[曇り][雨]

ゴールデン・ウィークに行った淡路島ドライブの続き。

カフェ・カプチーノでお腹いっぱいランチを楽しんだあと、お店のすぐ前の厚浜海岸をお散歩。ここは夏には海水浴場になる模様。子供のころ、両親に連れられて、夏休みに淡路島に海水浴にきたことを思い出す。

厚浜海岸1.jpg

[犬]「ボクは海は初めてやなぁ。でも、[あせあせ(飛び散る汗)]水は怖いし…。それにしても風きついから、耳がすごいことになってんねんけど…」

厚浜海岸2.jpg

ここを散歩中、低空で一羽のとんびがくるりと輪を描いた~[るんるん]


夕方の渋滞を避けるため、早めに帰路に着くことに。一宮インターから[車(セダン)]神戸淡路鳴門自動車道へ。橋を渡る前に、明石海峡大橋を望むサービスエリアでちょっと休憩。

明石海峡大橋1.jpg

すると、ここの看板に「とんびが食べ物を狙っていますから、注意してください」とある。あー、やっぱりね。厚浜海岸のあのとんびも食べ物を狙いに来ていたのかしらね…。

翌日の新聞にも、ここのサービスエリアで焼き鳥なんか食べていると、とんびがそれをかっぱらって行って、けがをする人が続出していると、載っていた。こうなってくると、行楽も命がけ。

神戸と淡路島を結ぶ明石海峡大橋。[船]航路では「たこフェリー」が15分で結んでいる。

明石海峡大橋2.jpg

淡路島の滞在時間は、約6時間ほど。どたばたとしたドライブだったけれど、いい気分転換になった[わーい(嬉しい顔)]




nice!(7)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

淡路島ドライブ2:ナチュラル・カフェ・カプチーノ [おでかけ&ドライブ]

5月7日(木)[雨][曇り]

ゴールデン・ウィークも昨日で終わり、今日からまた仕事。暦通りだったから、お休みなんて、あっという間。あ~、もうちょっと休みたかった…。

さて、淡路島ドライブの続き。あわじ花さじきを後にして、淡路インターまで戻り、再び自動車道を走ること約15分。一宮インターを降りて、海岸線をしばしドライブ[車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)]

ナチュラル・カフェ・カプチーノ(HP)でランチ。犬連れの場合は、海に面したテラス席で。

カフェ・カプチーノ1.jpg

カフェ・カプチーノ2.jpg

ナチュラル・カフェというだけあって、オーガニック素材を使っていて、食の安全を心がけているお店。豊富なメニューの中から。「淡路島セット」を注文。

まず出てきたのは、たこの唐揚げとサラダ。たこは揚げたてでおいしかった。サラダは生野菜と生ハムをごまドレッシングで。

カフェ・カプチーノ3.jpg

大きなお弁当箱で出てきたのは、淡路牛(おろしポン酢)、こんにゃくとイイダコのうま煮、タケノコとふきの煮物、玉葱のグラタンなど、淡路島の名産。淡路牛は柔らかくていける[exclamation]

カフェ・カプチーノ4.jpg

これにご飯とお味噌汁がついてきて、ご飯は白米と五穀米を選べる。お料理の量はかなり多いとのことだったので、私は「ご飯を少なめに」とお願いした。ところが出されたご飯の量たるや、そこそこのもの。う~ん、このあたりは、関西圏とはいえ、大阪のような都会の感覚とはちょっと違う気がする。

最後にデザートとコーヒーが出された。バニラアイスの下には、大きめのわらび餅が2つ。きな粉もかかっている。

カフェ・カプチーノ5.jpg

これで、1980円[exclamation×2] 量もお味もお値段も、それに海を眺めながら食事を楽しめるロケーションにも大満足[わーい(嬉しい顔)]




そうやったね。ジンジャーくんは5/3がお誕生日やったね。ごちそう食べさせてあげるよ。

ジンジャーにはお店の犬用メニューの中から「野菜と鶏のリゾット」を注文。この量もすごい[どんっ(衝撃)]

カフェ・カプチーノ7.jpg

お店の方が、持って帰れるように、ラップと袋を用意してくれたから、「半分だけにしようね」

カフェ・カプチーノ8.jpg


nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

淡路島ドライブ1:あわじ花さじき [おでかけ&ドライブ]

5月3日(日)[曇り][晴れ]

今日は愛犬ジンジャーの8歳の誕生日。体調を崩したり、脚の骨に異常が見つかったりと、心配事も年々増えてきたけれど、またこの日を迎えられたことに感謝[黒ハート]

あわじ花さじきのジンジャー2.jpg

さて、昨日、そのジンジャーをつれて淡路島まで[車(セダン)]ドライブ[ダッシュ(走り出すさま)]

阪神高速道路から山陽道を経由して、神戸淡路鳴門自動車道から淡路島へ。淡路インターで自動車道を降りて、一般道を走ること約10分。

あわじ花さじきへ。

あわじ花さじき1.jpg

この時期には、[かわいい]菜の花、[かわいい]アイスランド・ポピー、[かわいい]紫ハナナなど、色とりどりのお花が目を楽しませてくれる。

あわじ花さじき2.jpg

あわじ花さじき5.jpg

甲子園球場の約4倍の敷地は、小高い丘陵地になっていて、そこからは海を臨む。

あわじ花さじき3.jpg

ジンジャーくんもお花の香りに興味津々…というより、草を食べたそう。

あわじ花さじきのジンジャー1.jpg

菜の花畑の向こうには、牛が放牧されていて、のどかな光景が広がる。

あわじ花さじき6.jpg

お花と心地いい空気を楽しみながら、1時間ほど広い園内を散策。

あわじ花さじき4.jpg

あわじ花さじき7.jpg

あわじ花さじき8.jpg

売店で買って食べた「濃厚生乳アイス」。お天気もよかったから、外で食べると一段とおいしかった。

あわじ花さじきアイス.jpg


nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
おでかけ&ドライブ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。